ホームステイ受入のヒント

わが家ではこんな風にお迎えしました。
学校の部活動をのぞかせてもらいました。
受入れ期間: 2泊3日  
ホストファミリー: 子どもがいる5人家族
ゲスト: フィリピン
※「青年招へい事業」参加の研修生。日本語は全くできない。
   

 都会はたくさん見ていらっしゃったようなので、地方でのホームステイはそれとはちがった日本の表情をみてもらえるよい機会です。

 今回フィリピンからの女性の方は音楽が好き、ということで、県下で有名な高校の合唱部の練習をきかせてもらいに行きました。私も感動しましたが、彼女もとてもよかったと言ってくれました。日本の学校の一部分を見てもらえたと思います(フィリピンには合唱部のような団体は学校にはないそうです)。

 2日目の午前中、私の知っている人たち(60歳以上)が卓球をやってみえるので、その施設(私の家の近く)へ行って教えてもらいながら楽しんでもらいました。

 私の子供は3人姉妹なので、女性の方でしかも若い方で会話がはずみました。ありがとうございました。

   

家族の感想

少ないホストファミリー経験ですが、私はどこか有名な場所の見学よりも、そこに住む人々といっしょに何かをしたり、ようすをみる(例:学校など)ことが、日本にみえた方にはとてもいい思い出になるのではないかと思います。

        


戻る