名古屋でホームステイ!

誰がホームステイできるの?

以下のいずれにも当てはまる外国籍の方。日本国内在住者も含みます
 
1. 日本文化に興味を持ち、ホストファミリーとの積極的な交流を希望する方。
2. 有効な旅券を持ち、適法に入国・滞在されている方。または適法な在留資格をお持ちの方。または既に適法な在留資格を持ち滞在されている方。
3.

日本国内、または外国での連絡先が明確で、所属する公共・公益的団体(国家機関・地方自治体・大学・国際交流団体など)を通じて申込みできる方。

4. センターが適格と認める方。
個人旅行客、営利・布教活動を目的とする団体・会社・組織及びこれらに所属する方々は対象外となります。
滞在者が高校生以下の場合は、センターが適格と認めたグループに限ります。
当センターは、ビザ取得のためのお手伝い(ビザ取得に係わる書類の作成等)はいたしません。
次の期間は事務局の事務を休止するため、ホームステイを開始または終了することはできません。
 @年末年始(12月29日〜1月3日)
 A毎週月曜日
 B2月と8月の第2日曜日(ビル内のメンテナンスのため)
 Cその他ホスト団体の定める日(ホスト団体により休館日は異なります)
 

日本国内の大学などに在籍する留学生はこちらをご覧ください。


費用はいくらかかるの?
申込団体は1人1日1,000〜3,000円を受入先団体(ホスト団体)に事前に支払います。
1日の額はホスト団体の受入条件によって違います。

ホスト団体によっては、受入費用のほかに、事務手数料がかかる場合があります。

交通費、施設入場料、外食費、国際電話代などの個人的経費はゲストの自己負担となります。
食事は原則として受入家庭が朝食・夕食を提供しますが、滞在中のスケジュールにより異なります。
このホームステイプログラムは安価な宿を提供するものではなく、ホストファミリーとの交流を通じた相互理解を目的としていますので、滞在中はできるだけホストファミリーとの交流を心がけてください。

どのぐらい滞在できるの?
 1泊2日から原則として1ヵ月までご希望に応じます。

滞在先は?
 名古屋市内または近郊在住のボランティア家庭です。

いつまでに申し込めばいいの?

 受入団体(ホスト団体)を探すための時間が必要ですので、まず 、ホームステイ開始希望日の2ヶ月半(または10週間)以上前に事務局あてに概要(滞在日程、滞在目的、滞在者数、申込団体についての概要等)をお知らせください (年末年始を挟む場合は、さらに1週間の余裕をみてください)。

 お問い合わせ後2〜3週間以内にホスト団体が見つかったかどうか連絡します。

 ホスト団体が見つかった場合、原則としてホームステイ開始希望日の2ヶ月前までに申込書類一式をホスト団体あてに郵送してください。書類を受け取り次第、ホスト団体は受入家庭(ホストファミリー)を探し始めます。

 ※ただし、期日内に申し込んでも書類に不備がある場合は、申し込みをお断りすることがあります。